高気密・高断熱

Wバリア工法

泡とアルミのダブル効果で家族を優しく包み込み、
オールシーズン快適に暮らせます。

現場発泡断熱材
「アクアフォーム LITE(屋根・壁)
「アクアフォーム NEO+TP(基礎)
夏場、暑くなりがちな小屋裏や冬場の床下からの底冷えを防ぎます。
遮熱タイプ通気スペーサー
「アクエアーシルバー」
太陽の赤外線を屋根で防ぐことで冷房の効率化をアップさせます。
透湿・防水・遮熱シート
「アクアシルバーウォールライト」
赤外線をカット。壁中の湿気を逃すことで結露を防止することができます。
「断熱樹脂サッシ」
「遮熱Low-Eペアガラス」
赤外線・紫外線を大幅にカット。外気の温度差から生じる結露も防止できます。

アクアフォーム

人や自然、地球にやさしい暮らしを叶える
水のちからで発泡する断熱材「アクアフォーム」

「気密性」「断熱性」「吸音性」を高いレベルで実現。

水の力で発泡する環境にやさしい断熱材「アクアフォーム」は、住宅の隅から隅まで家全体をスッポリと覆ってしまう現場で吹き付け発泡する断熱材です。自己接着力によって柱や梁に密着して気密性を大幅にアップさせます。
暑さ、寒さを遮断し家中どの部屋でも同じような室温に保てる温度のバリアフリーを実現。そのため省エネルギー効果が高く、建物の冷暖房費に要する光熱費も大幅に削減できます。さらに湿気を防ぎ、結露を抑制するので建物の耐久性、衛生面からも家族を守り続けます。

暑さ対策は「屋根断熱」、寒さ対策は「基礎断熱」

屋根断熱

太陽の熱の侵入を直接屋根で断熱することで防ぎます。

基礎断熱

冬は床からの冷気を抑え、夏は床下の結露を防ぎます。

基礎に防蟻断熱材

基礎には直接吹き付けて発泡させる防湿性の高い現場発泡断熱材「アクアフォームNEO+TP」を施工。 シロアリはもともと餌として発泡断熱材(ウレタン)を好みませんが、さらに「アクアフォームNEO+TP」はホウ酸塩を含む2種類の防虫剤を使用することにより、シロアリに高い防虫効果(殺虫と忌避)を発揮します。

断熱性が高く、外気の影響を受けにくいので、Z空調との相性も抜群!

屋根断熱と遮熱効果

屋根は直射日光が当たり熱の影響を大きく受ける場所です。
夏、「天井断熱」では小屋裏部分まで熱が入り込み高温状態となります。
それに対し、桧家住宅で採用している「屋根断熱」は直接屋根を断熱することで室内の温度環境を快適に保つことができます。
さらに屋根面に設置した遮熱材により赤外線を約70~80%反射。この2つの効果で夏でも快適に過ごすことのできる小屋裏空間も実現できるのです。

基礎に防蟻断熱材

床下に断熱材を敷き詰める『床断熱』は、風通しを良くするために床下に換気口があり、また断熱材が重さで下がってしまい、床と断熱材の間に隙間ができてしまう場合があります。冬は冷たい空気が入り込んだり、夏は湿った空気が流れ込み結露の原因となります。一方、『基礎断熱』は外気の影響を受けにくく基礎と床の空間を「蓄熱層」として有効活用でき、室内の温度と近いため冷暖房の節約にもつながります。

アクアフォームは経年変化なし!

「アクアフォーム」を使用した展示場の解体に合わせ経年劣化があるかを調査しました。

気密測定

数値が大きくなりやすい展示場でも一般住宅と変わらない値を計測

熱伝導率測定

収縮、剥離、割れ、腐食も全くなし

高気密・高断熱サッシ

開口部の断熱性・気密性に優れ、
結露も抑える省エネサッシ

熱の伝わりにくい樹脂素材を使用することで、室内の暖かさを逃がさず、室外の冷たい空気を室内に伝えにくくします。
断熱等性能等級4をクリアするための性能を持つサッシを地域・商品に合わせ採用しています。

一般地域・寒冷地仕様
(3~7地域)

断熱樹脂サッシ

「Low-Eペアガラス」は高遮熱・高断熱。
金属膜が赤外線も大幅にカットします

一般地域仕様
(4~7地域)

Low-Eペアガラス(遮熱タイプ)

寒冷地仕様
(3地域)

Low-Eペアガラス(断熱タイプ)

断熱性能は一般的な単板ガラスの約4倍

2枚のガラスに挟まれた層には乾燥空気より熱を伝えにくくするアルゴンガスを注入。
さらに内側の金属コーティングにより熱の伝わりを軽減。単板ガラスの約4倍の断熱効果を発揮します。

遮熱材

遮熱効果で温度差歴然

遮熱タイプ通気スペーサー
「アクエアーシルバー」

遮熱効果で温度差歴然

透湿・防水・遮熱シート
「アクアシルバーウォールライト」

遮熱効果で温度差歴然

アルミには太陽の赤外線や紫外線などを反射する効果があります。この特性を活かし、直接太陽の光と熱を受ける屋根面と外壁面に採用。「アクアフォーム」とともに施工することで更に遮熱・断熱効果を高めます。

実験棟

室内の温度差の違いが明確。
「Wバリア工法」の性能の高さを実証

断熱工法が違う全く同じ間取りの建物で、建物の「気密性」「断熱性」「遮熱性」の違いによって
どれくらい室内や壁面の温度差が出るかを検証しました。

一般断熱工法とWバリア工法の室内表面温度比較

一般断熱工法の場合

36.5度 壁面やガラス面の表面温度の差が歴然!熱がこもっています

Wバリア工法の場合

31.5度 約5度の差

【エアコンを使用せず室内表面温度を計測】
撮影時間帯の平均外気温:30.1℃
計測:2010年8月20日 13:30~15:20

[測定場所]1Fリビング(南面)

一般断熱工法の場合

10.0度 温度が低くなりがちなユニットバスの床面はヒートショックの原因にも!

Wバリア工法の場合

15.5度 約5度の差

【エアコンを25℃設定で15時間作動させ停止後の表面温度を計測】
撮影時間帯の平均外気温:2.8℃
計測:2011年1月21日 16:30~19:30

[測定場所]1F浴室(ユニットバス)