素材にこだわった開放的なLDK

※現在の仕様と異なる場合がございます。

LDK

居酒屋風タタミダイニングとリビングに隔てるものがなく、ひとつの空間に集って楽しめる。

Data 埼玉県幸手市S邸

延床面積
116.75㎡(35.31坪)
間取り
2LDK+小屋裏収納+土間収納
外観

軒裏も木調の素材で変化をつけている。

いつでも家族を感じられるように

 エントランスには家族はもちろん訪問者に見えるように家族と愛犬の手形レリーフを飾ってます。この壁には今後、子供達の成長に合わせて絵を飾ったりと「家族全員を感じられる家」であることを表現しました。
32坪という土地に限りがある中で部屋を広く、また部屋数をキープしたいという考慮のもと、妻と各部屋ごとにテーマを決めてプランニングしております。妻の仕事であるエステサロンの空間として設けている1F居室は、アジアンテイストがテーマ。各部屋、照明や細部にまで素材にこだわってテーマ別デザインを具現化していきました。

素材と空間にこだわったリビングと居酒屋風ダイニング

 友人やご近所を招く事も多いのでみんなでくつろげるように、広い畳ダイニングにしました。天井も高くとり、梁や柱にもこだわりました。リビングはナチュラルなイメージで統一し、テレビ台も探し求めて一目惚れした無垢の一枚板を使用しオリジナルで作成。素材の良さを部屋全体に散りばめています。また大型の室内犬を飼っているので床材には消臭効果やキズがつきにくいものを使用しています。愛犬がいるお客様にはぜひすすめたいですね。

こだわりの中にも実用性を

 庭がないので屋上バルコニーを設けたり、夫婦そろって好きな映画を鑑賞できるようシアタールームを作りました。バルコニーは子供たちの隠れ家的遊び場になっていますし、シアタールームもワインセラーなどを設置し、くつろげる私の一番のお気に入りですね。大音量で映画を流しても内壁に吹き付けたアクアフォームの効果で音漏れもしません。改めてアクアフォームの気密性には驚きましたし、有効的な活用方法として実感してます。

外観

外観は大きな片流れのシャープな印象。連続したデザインサッシで意匠性を高めている。

シアタールーム

夫婦お気に入りのシアタールーム。広すぎない個室間が落ち着く。

リビング

開放的な2Fリビングは愛犬も動き回れてお気に入り。いつでも気配を感じ取れます。

エントランス

家族をいつでも感じられるエントランスの手形レリーフは、まるで客人へのウェルカムボードのよう。

バリ風サロン

奥さまの仕事場のサロン。アジアンテイストでまとめられている。

社員家族

「自ら建てたことによって図面だけでは感じ取れない部分をお客様にフォローアップしていきたいです」

デザイン性と実用性の両側面からアドバイスを

 妻も子供も想い描いた家になりとても満足しています。実際に住んでみてプランニング当初から念頭に入れて収納を十分確保していたのですが、それでも思った以上にモノや衣服ですぐいっぱいになってしまいました。子供が2人いることもあるのですが、やはりお客様には今後アドバイスする上で収納スペースの重要性は気をつけたいところですね。建ててから細かい部分で気づくことも多く、こうしておけば良かったという反省点はお客様へのご提案に変えて、より満足していただけるようにしていきたいと思います。

ページトップへ戻る

サイトマップ