smart2

家を育てる。

concept 01

家を育てる。

家を建てる人には、その数だけの暮らしがあり、その数だけの色があり、その数だけのカタチがあります。建築家は、その一人ひとりの声を聞いて、一人ひとりの思いをカタチにしていくのが仕事です。そんな建築家が建てる家は、ほとんどの場合がまだまだとても高い買いもので、遠い存在でした。
そこで、「あらゆる人にエコで快適な住まいを」をモットーに、低価格で高品質な木造企画住宅「Smart One」を提供してきたヒノキヤが、建築家の粕谷淳司さん・奈緒子さんと企画住宅を徹底的に考え直す中で生まれたのが、「smart2」です。そもそも、家の主役は建物ではなく、「暮らし」です。そして、暮らし方は十人十色。しかも、家族の成長や仕事など、ライフステージによって、その色は常に変わっていきます。
そんな変化に対応しながら、より多くの人が自分ならではの暮らしを育てていくために。わたしたちは、お客さまがそれぞれのニーズや個性にあわせて合理的に選び、育てることのできる、
ふたつの箱=ボリュームの組み合わせでできた、シンプルな家を提案します。

ものを大切にすること。高級ブランドを追い求めないこと。身近な暮らしの中で、ていねいに一つひとつ、自分らしさを育てていくこと。これからは、簡素さの中に上質を感じるような、そんなライフスタイルが大きな潮流となるでしょう。もはや家はステイタスシンボルではありません。
家事や食事、家族や大切な人との会話など、おざなりになりがちだった日々の何気ない営みに真剣に取り組み、毎日をていねいに暮らすことの大切さに、たくさんの人が気づき始めています。
そんな時代にわたしたちが育てたいのは、暮らしが基本となる、これからの家の価値観です。あなたと、あなたの家族だけの暮らし方を、「smart2」で探してみませんか?

interior
インテリア
interior
インテリア
  • OSBORIENTED STRAND BOAED

    ファミリールームの一面に、薄い木片を原料としたエコロジカルなエンジニアードウッド(OSB)を壁仕上げ材として用いています。強度と剛性を備えたOSBは好きな箇所にビス打ちが可能。棚や鏡などを取り付けて、インテリアを育てていくことができます。

  • 塗装用クロスPAINTABLZ WALLPAPER

    それぞれの寝室の一面には、再生紙とおがくずを原料として、透湿性に優れた塗装用クロスを用いています。塗装用クロスは水性塗料を使って、好みの色に繰り返し塗装が可能。もちろん、自然な風合いを生かして無塗装で用いることもできます。

lighting
照明
lighting
照明

住まいの明かり

LED(発光ダイオード)の開発・普及により、建築に用いられるあらゆる設備のなかで、照明はこの数年の間に最も進化した分野のひとつです。LEDは、従来の照明器具に比べて省エネルギーなだけでなく、照明のデザイン手法を大きく変えつつあり、色の正しい再現性(演色性)などの点でも、従来の白熱灯や蛍光灯と比較しても、まったく遜色のないレベルに達しています。
しかし、省エネルギーだからと言ってムダに多くの照明を住宅に導入するのは、決して好ましいことではありません。太陽光、そしてキャンドルなどの炎に次ぐ明かりである電気の照明が、どんな質の光をわたしたちの生活に与えるべきかを考え、必要な場所に適切な明るさを確保しつつも、質の高い快適な「明かり」を提案したいと思っています。
smart2には、もちろん必要な照明はあらかじめ備わっていますが、「より明るくしたい」「リモコン対応の照明にしたい」などのリクエストに応じ、後から手を加えることもできるように、いくつかのアタッチメントも用意されています。住宅は、建てたら終わりではなく、家族とともに育っていくもの。そして、家族自体のありかたも、時とともに変化していきます。家族の変化・成長に対応して、住まいの「明かり」を変化させ、育ててほしいと思います。(園部)

  • Profile

    園部 竜太Ryuta Sonobe

    照明メーカーに勤務後、2002年に照明デザイナーとして独立。多くの住宅・施設店舗などの照明設計に携わる他、有機EL照明器具のデザイン開発などを手がけている。今回、smart2の照明デザインを担当した。

サイトマップ