トピックス

2013.10.22

久喜ソーラー発電所 完成式典を行いました。


 
 
台風が過ぎ爽やかな青空が広がった10月18日(金)、久喜ソーラー発電所の完成式典が開かれました。
 
 
来賓の久喜市長 田中暄二様、久喜市議会議長 鎌田忠保様、埼玉県議会議員 梅沢佳一様、
久喜市商工会会長 新井勝行様、桧家会総本部本部長 岩井久雄様、
株式会社NTTファシリティーズ埼玉支店支店長 近藤栄治様とともに
株式会社桧家ホールディングス会長 黒須新治郎、代表取締社長の近藤昭が
通電スイッチを押し、久喜ソーラー発電所の稼働を開始。
 

そして、代表取締役社長 近藤より施設の簡単な説明をさせていただいた後
「桧家グループでは年間、受注の6割にあたる約1500棟のソーラーを搭載した住宅を建築しており、
今後も省エネeco住宅を提供し続けることが社会にとっても重要なことです」と挨拶をさせていただきました。
 
 

田中久喜市長からは、「震災後、再生可能エネルギーの必要性が高まっており、このような施設の
オープンは大変意義があり、久喜市にとっても価値あること」との挨拶をいただき、
鎌田議会議長からも開所に対するお祝いの言葉と桧家グループに対する期待と激励の
お言葉をいただきました。
 

その後、来賓の方々とともにテープカットをおこない改めて施設のオープンを祝いました。
 
 
 
久喜ソーラー発電所は、テニスコート約47面分(約1.2ヘクタール)の敷地内に2,208枚のソーラーパネルを
敷き詰め、年間で一般家庭の消費する電力、約121世帯分に相当する69万kWhの発電を見込んでいます。
 
また、主要メーカー6社のソーラーパネルを設置し、同じ条件下で発電量や発電効率などを比較、検証を
おこなう「比較実験エリア」を設けています。
蓄積された検証データは、お客様へのご提案や今後の商品開発に活用して参ります。
 
更に、発電所の全景を見渡せる「見学デッキ」、天気や光の加減で変動する発電量をリアルタイムで
表示する「発電量表示看板」を設置しており、住宅購入を検討されている方のみならず、
近隣にお住いの方、学校授業の一環としてなど、幅広く見学を受け入れています。

 
 
是非一度、見学されてみてはいかがでしょうか。
見学ご希望の際は、下記お問い合わせ先までご連絡ください。
 
これからも桧家グループは、ソーラー発電の更なる促進と省エネeco住宅の普及に努めて参ります。
 
 

桧家グループ 久喜ソーラー発電所
住所:埼玉県久喜市佐間字堤外719-1 
アクセス: お車の場合…東北自動車道 加須ICより約10分
      電車の場合…JR東北本線・東部日光線「栗橋」駅より徒歩約20分
見学などに関するお問い合わせ先:株式会社桧家ホールディングス 0480-26-1118(代) 

トピックス一覧

ページトップへ戻る

サイトマップ