Data K様邸

家族構成
夫婦
延床面積
104.34㎡(31.56坪)
間取り
3LDK
明るい2階のLDK

空に向かう鋭角的な勾配の外観がシャープな印象の平屋。

吹き抜けLDK

天井高およそ7m。見事な吹き抜けの開放感は圧巻。キッチンにいても、さえぎるものなくリビングから庭まで見渡せます。友人の家族などが訪れて、あちこちに散らばっていても、なんとなくつながれる一体感のある空間。

和室

来客時だけでなく、キッチンの一角として利用される和室。ご夫妻が夕食に鍋をつつくことも。

LDK

仕切りを一切設けずに、ひとつながりの空間を堪能できるリビング。

こだわり
自分たちだけの時間も、仲間との時間もくつろげる空間

 当初、関心をもったのは桧家住宅の青空リビングのあるプラン。「バーベキューなんかやりながら、気の置けない仲間たちがワイワイ集まる家がいいなぁ、と思っていたので」と奥様。ご夫妻ともに、その頃は全く平屋という発想はなかったそうです。「どの展示場もモデルハウスは2階建か3階建。自分たちもそれで育ってきたので、思いつきませんでした。平屋と いえばサザエさんの家くらいですよ」とご主人。ところが営業担当者の、自身が住みたい〝夢の平屋〟の話を聞くうちに「もう、平屋しか考えられない」というまでに気持ちが変化。幸い土地の広さが十分あったので、現在の形になりました。
 結局、戸建てのおかげで庭もたっぷり、季節の花や緑に囲まれた住まいに。ご主人の仕事の関係もあって3台駐車できるゆったりした駐車場を確保し、庭とつなげて空間は広々。大人 数の来客を迎えるのにも好都合です。間取りは、住宅関連会社に勤務されているご主人のお父様のアドバイスも取り入れ、大きな吹き抜けで開放感あふれるリビングを真ん中に配しました。段差をつけた和室もLDKと一体となって大きなスペースです。さらに、リビングの隣に寝室を配置し、リビングからはウッドデッキ、寝室からはポーチを通じて南の庭ともつなが る、平屋ならではの、のびやかな空間構成です。
 お二人が自分たちらしく飾らぬ時間を満喫できる家であると同時に、たくさんの親戚や友人がリラックスして過ごせる家。「なかにはうちを〝別荘〟と称して毎月家族とやってくる先輩もいるんです」というKさんご夫妻の自然な笑顔が、この家の魅力を物語っているようでした。

おしゃれな外観

リビングの中心には即決で求めた大きめのダイニングテーブル。夫妻で向き合い落ち着いたときが流れます。

千葉県印西市在住 K様邸担当:笹川
千葉県印西市在住 K様邸

多彩なヒノキヤのアイデアを気に入ってご相談が始まったK様ご夫妻。住みやすさからいえば平屋、という私なりの思い入れがあり“自分の住みたい夢の家” のプランを提案させていただきました。快適な平屋を実現する土地の広さがあったのもポイントです。階段のスペースがいらず、廊下も最低限に抑え、居住空間としてめいっぱい使った縦横に開放感のある贅沢な間取りになりました。ご夫妻が望まれていた人が集まる家としても、お二人が快適に過ごせる家としてもご満足いただけたと思っています。

青空リビング

朝は窓からもれる日の光で目覚めます。お天気がよければ、そのままポーチへ出てコーヒーを…。

ページトップへ戻る

サイトマップ