家族も友人も自然と集まるリビングダイニング

Data T様邸

家族構成
夫婦+長男
1階面積
57.96m²(17.50坪)
2階面積
59.62m²(18.00坪)
延床面積
117.58m²(35.50坪)
小屋裏面積
14.90m²(4.50坪)
間取り
3LDK+小屋裏

2Fリビングダイニングから続き間の和室まで開放的な空間。光をうまくとりこみ、どこにいても明るい。

顔が見える対面キッチンは桧家オリジナルの「クチーナ・グランデ」をチョイス。

半畳タタミの大壁和室はお子様の遊び場としてもお気に入り。

テーマカラーのホワイトとブラウンがうまく活かされたクロスやインテリア。

こだわり
趣味を活かしたインテリアでカフェ風コーディネート

 お子様が小学校にあがるにあたりマイホームを決意。ご夫妻の好きなこと、家に対する想いが共通していたので注文住宅で建てることにしたそうです。 「パレット定額制(同じ矩形内であれば間取りを自由に変えられ、コストは変わらない)が自分たちの家づくりにあっていて桧家住宅に決めました」とT様。 以前の住まいは日当たりが悪く、暗くて寒かった分、家づくりで一番こだわったのは明るく、開放感がある風通しのいい2Fリビングダイニングだったそうです。 南面に大きく採った窓と勾配天井にしたことで、気持ちのいい風が通り、以前は気にしていたカビなどの心配はほとんどないという。そんな居心地の良いリビングダイニングには 自然と家族が集まる。「夫婦でインテリア雑貨を集めるのが好きなので、好きなものでインテリアをコーディネートし、家族や友人がいつでも集うカフェ風ダイニングにしました。」 心地よく、落ち着く場所になっている。
また、1Fも玄関へと続くインナーガレージに窓を配したことでエントランスにも光や風が入り、家中、明るく風通しがよい。 「家が心地よい空間になり、明るくにぎやかに過ごせるようになりました。何より子供が〈良い家だね。引っ越してきて良かった〉と言ってくれ、友達を連れてくるのも嬉しいです。 これからも好きなインテリア雑貨を増やしたり、庭でバーベキューができるようにし家族や友人がもっと楽しめるような家にしていきたいです」と嬉しそうに語ってくれた。

外壁、外構もツートーンカラーで木目調の貼り分けがアクセントになっている。

ページトップへ戻る

サイトマップ