程よい距離感を保つ、デザイン性高い二世帯住宅

Data M様邸

家族構成
夫婦+子供3人+両親
1階面積
92.33m²(27.87坪)
2階面積
83.22m²(25.12坪)
延床面積
175.55m²(52.99坪)
小屋裏面積
20.70m²(6.25坪)
間取り
子世帯:4LDK+土間収納+
小屋裏収納
親世帯:1LDK+土間収納

アースカラーを基調に所々濃いブラウンで変化を出します。正方形に近いスクエアな面にルーバーのアクセントが効いています。

夜の星も楽しみの一つ。

寝室、ダイニングとそれぞれ隣り合い、リビングは文字通り家の真ん中。

隣を気にせずカーテンを開け放てるのでさらに開放的。

こだわり
明るさと開放感、そしてオリジナリティ。

 M様ご一家が以前、暮らしていたのは中古の戸建。部屋数は多かったそうですが、使い勝手が悪く、家族が集う場であるリビングは昼間でも薄暗く、 湿気も多いなど不満がありました。「新築するにあたっては、採光が良く一番居心地が良い場所にリビングがあることを第一に考えました。」とM様。 その願いは2階にリビングを配したことで十二分に叶いました。縦横に広がるゆとり、日差しがあふれる空間で、今はご家族が心置きなく集い、寛げる場所になっています。 お子様もこのリビングがお気に入りで友達を呼ぶ回数も増えたようです。リビングからつながるバルコニーは、ゆったりと自然を感じながら寛げる空間に。 ちょうど中庭のようにダイニング、リビング、寝室の各部屋がバルコニーを取り囲みます。さえぎるものがなく、そこから広がる景色は開放感と共に季節の移り変わりをもたらします。 ともに美容師というご夫妻はデザインへの意識も高く、見る人を驚かせたいという遊び心と確かなセンスを感じさせる外観に仕上がっています。色数を使わず、スクエアなラインと、 濃淡の対比だけで大胆なデザイン性を演出しています。夜は照明によりルーバーからシルエットが透けて見え、昼とは違う表情が楽しめます。

外構はアクセントカラーのブラウンと植栽の緑がマッチして安らぎをもたらします。

埼玉県吉川市 M様邸担当:安彦

リビングは明るくしたいとのご希望で2階リビングはすんなり決まりましたが、以後間取りが固まるまでは一転、二転…数回の図面書きかえがありました。 ご夫妻の職業柄デザイン等に対して目が肥えていらっしゃって、ありきたりのご提案では満足されない姿勢にこちらも真剣に取り組まさせていただきました。 リビング天井の吹抜け感、外観のデザイン性など満足いただけたのが何よりです。

寝室からも開けたバルコニーと空が望めます。

ページトップへ戻る

サイトマップ