アクセントカラーに“らしさ”あふれる家

Data T様邸

家族構成
夫婦+子ども3人
1階面積
59.62m²(18.00坪)
2階面積
57.13m²(17.25坪)
小屋裏面積
11.17m²(3.37坪)
屋上面積
26.49m²(8.00坪)
延床面積
120m²(36.25坪)
間取り
4LDK+小屋裏

2台のバイクとホワイトを基調としたインテリアデザインが居心地の良さを感じさせる。

アクセントカラーのブルー&レッド。インテリアのチョイスが秀逸。

三方に開けた屋上からは上毛三山が見渡せます。

ご主人にとっては青春時代が詰まった小屋裏。

こだわり
アクセントカラーで外観、内観空間を演出

お住まいへの想いをめいっぱい実現されたT様。まず玄関を入ったときに感じる広がり感はT様のこだわり。 「玄関はとにかく広くしたかった」という想いを活かすため、広めのスペースの玄関から目を向けた先に、向こう側が見えるスリット状のアルミ階段を採用した。 ドアで仕切らず壁の配置で玄関からのプライバシーに配慮したリビングには趣味のマウンテンバイクがお洒落にディスプレイされ、カジュアル感を感じさせる。 また、キッチンは白と黒でコーディネートされたシンプルモダンな雰囲気。カジュアルなトーンと折上天井で視覚的に分けられたリビングとは異なる空間を演出している。 子供部屋と両親の寝室は階段スペースを挟み向き合った窓でコミュニケーションがとれ、家族の会話も弾む。 屋上には、アウトドアリビングといえる日よけのシェードを設置した「青空リビング」がある。読書やバーベキューもできる快適で開放的なプライベート空間。 他にも壁や床のコーディネートも含めて、いっぱいのこだわりを実現されたT様。「休日がめっちゃのんびりできるようになった」と満足そう。

黒と白のコントラストが効いた外観にポストの赤やドアの茶が温かみを与える。

群馬県高崎市在住 T様邸担当:申

T様ご夫妻とは、本当に入念に相談、打合せを重ねさせていただきました。センスの良さが光るご夫妻なので、お二人に合った雰囲気を提案し、近隣各所の展示場をはじめ、 新築入居後のお宅にご案内も致しました。気に入ったアイデアは採用され、気に入らなければとことん代案を。その繰り返しで、最終的には満足いただけたのではないでしょうか。 群馬で第一号の青空リビング採用など、私たちも新しい試みを形にできました。(担当:申)

玄関ホールに入ると土間収納、続きに和室。

ページトップへ戻る

サイトマップ