小屋裏まで続く吹抜けで明るく開放的な住まい

Data 東京都在住O様邸

家族構成
夫婦+子ども2人
1階面積
75.35m²(22.79坪)
2階面積
63.76m²(19.29坪)
延床面積
139.11m²(42.08坪)
小屋裏面積
19.87m²(6.01坪)
東京都在住O様邸 外観
東京都在住O様邸 リビング
東京都在住O様邸 
東京都在住O様邸 和室
東京都在住O様邸 小屋裏

まるで3階建てのような使い心地で、秘密基地のように遊べる小屋裏収納は10.5畳もの広さ。

こだわり
小屋裏まで続く吹抜けが陽射し溢れる暮らしを実現。

「自分達が小さなころ暮らしていた、陽だまりと木のぬくもりいっぱいの家で子供を育てていきたい」そんな想いをもって展示場を回っていたO様ご夫婦。モデルハウスで桧の香りに魅せられて桧家住宅で家を建てようと決めたそうです。思い描いたのは“子供を健やかに育てられる家”。構造に桧やヒバを使う桧家住宅なら、安心できると直感したようです。「土台だけでなく建具等も自然素材にこだわりました。壁は調湿作用のある珪藻土クロスやエコカラットを、足腰に触れる床は桜やメープルの無垢材を選び、床は自分で蜜蝋ワックスを塗りました」とご主人。 ご夫婦のこだわりはこれだけではありません。家の中心に光と開放感を演出する吹抜けは、リビングから2階ホール、小屋裏まで続く大胆な造り。隣家が近いので、吹き抜けから光を採り入れたかったそう。開放感溢れる吹き抜けとリビング階段でどこにいても家族の笑い声が響く温かい暮らしが実現できました。フリーチョイスプランでは、どの部屋にいても自然に暖かさや涼しさが実現できる断熱材と、子供の思い出もしまえる階段付きの小屋裏収納を選択。「子供たちをやさしく包む想像以上の家が予算内で叶いました」と大満足のご様子です。

東京都在住O様邸 子供部屋

アクセントにもなる梁に遊具をつけて、夢のある雰囲気造りを心がけた子ども部屋。

東京都在住 O様ご一家担当:河野

定価制で予算が立てやすく安心してこだわりを実現できました。担当の河野さんからはたくさんの提案をいただけました。こだわりの吹抜けは2階部分のガラスの腰壁を提案してもらいました。2階のホールから吹き抜けを通して陽射しを浴びてとてもお気に入りです。空間利用や随所へのアクセントなど家づくりのプロならでは。家造りを通していい出会いと納得のマイホームがつくれました。

東京都在住O様邸 ダイニング
ページトップへ戻る

サイトマップ