主婦目線で考えた親子の笑顔が広がる家

Data 埼玉県熊谷市在住 K様邸

家族構成
夫婦+子ども2人
1階面積
72.75m²(22.00坪)
2階面積
58.70m²(17.75坪)
延床面積
131.45m²(39.75坪)
埼玉県熊谷市在住 K様邸 外観
埼玉県熊谷市在住 K様邸 リビング
埼玉県熊谷市在住 K様邸 寝室
埼玉県熊谷市在住 K様邸 和室

リビングからつづく和室は引き戸を閉めれば客間になる万能な部屋。

埼玉県熊谷市在住 K様邸 洗面所

こだわり
デッドスペースを活かしたり生活を考えた各種収納。

「娘が小学校に入る前に家を建てて落ち着きたかったんです」と語るK様ご夫婦。間取りは奥様の目線でつくられました。「リビングで遊んだりピアノを弾く子供たちを見守りたいから、対面キッチンにしました。和室もリビングとつなげて目が届くようにしています」。家事動線や収納にも工夫が。たとえば、キッチンサイドに洗面室や浴室を集中させ、一直線でストレスなく移動可能に。そして玄関には土間収納やクローゼットを設計。これなら子供の外遊び道具などがすっきり片付き、靴やコートなども収められる。「子供室もウォークインクローゼットにしました。うちは女の子だから将来も考えて」。2階の各部屋にウォークインクローゼットを設けたことで部屋がスッキリまとまります。「ふつう自由設計はこだわるほどお金がかかります。でも、桧家住宅は定価制だから予算を気にしないで思い通りにできました」。ご夫婦は家づくりのプロセスから楽しめたとうれしそう。

埼玉県熊谷市在住 K様邸 キッチン

キッチンは洗面室や浴室と隣接させ、家事動線をスムーズに。天井を高くして開放感とアクセントを。

埼玉県熊谷市在住 K様邸担当:野中
埼玉県熊谷市在住 K様邸 担当者

営業担当の野中さんはただの担当者というより、家族のひとりとして私たちの立場で提案してくれました。例えば、玄関ホールの収納と飾り棚は忙しい朝に、子供を送り出すときに必要な物がサッと出せるし、収納の上の飾り棚は子供たちの絵や工作が飾れて可愛いインテリアになります。このスペースはトイレの目隠しにもなっているんですよ。本当に自分が暮らすならこうすると便利で楽しいという発想でアドバイスしてくれました。おかげで本当に理想の家がかないました。

埼玉県熊谷市在住 K様邸 玄関
ページトップへ戻る

サイトマップ